アオシマ

1935年に青島次郎が創業した「青島模型飛行機」を前身とする模型・プラモデルメーカーである。静岡県静岡市葵区に本社を置き、静岡模型教材協同組合に所属する。キャッチフレーズは「創造のプラモデル」、商標はアオシマ。

PICK UP!コンテンツ

創造のプラモデル

アオシマでは一貫してユーザーを楽しませる、子供たちにプラモデルで遊んでもらうことを主眼におき商品開発を行なっている。しかしながら初期ウォーターラインシリーズでの考証不足による金型製造技術の低さや、人気TV作品に登場するメカによく似た製品を発売する、暴走族車両を模型化 (詳細は後述) するなど、かつては同業他社と比較し一歩下がった位置に存在した。また「合体」シリーズの存在も影響している。

「合体」シリーズではアニメ・特撮作品では考えられない分割やデザインの商品を生み出した。忠実に作品世界を再現しようとするスケールモデルの世界では、こうしたメーカーサイドが提案する「遊び」は道を外れている、とみなされる場合があった。

しかし、余った部品を組み合わせて自分だけのメカを作る「合体」シリーズの有形ブロック遊びは、タカラのマグネモシリーズなどにも共通する、ユーザーに好まれる遊びであることは事実である。アオシマのキャッチフレーズだった「創造のプラモデル」はプラモデルを通した遊びを追求した結果生まれた理念でもあった。

逆説的に言えば、上位メーカーと違い型や業界のセオリーに囚われない自由な発想の商品をリリースできるのが強みとも言え、他社にはできない、挑戦的な新ジャンル・新シリーズを度々発表し話題をさらっており、「ユニーク商品の常連」として知られている。

沿革

1923年から飛行家として活躍した青島次郎は、1926年に飛行家を廃業した後も飛行機への愛着を捨てきれず、1932年から動力付き模型飛行機を発売し1935年に「青島模型飛行機」を創業する。

1940年から日本軍と文部省の主導で模型飛行機は教材として正式な教育課程に組み込まれ、一気に需要が拡大する。終戦後、「青島文化教材研究所」として再出発したもののGHQへの配慮から1949年まで休眠会社状態となる。

1950年から模型飛行機の発売を開始し、1961年には有限会社に改組した。これ以降プラモデルの開発に着手し、最初のプラモデルとして1961年に『スピードボート・ブルーバード』を発売。黄色い流線型の航空機風高速ボードで、SF風味のオリジナル商品だった。また1962年には海外SF人形劇『スーパーカー』の商品化も無版権であるが行なっている。その後人気作品の登場メカによく似たSFメカのプラモを次々と発売、スケールモデルと並ぶ人気シリーズとなった。

1969年にアポロ11号を含む「アポロシリーズ」を展開、版権料の必要ないキットだったこと、人類初の月着陸ということで客層を選ばなかったことなどから大ヒットを記録、第4回モデル大賞のフロンティア賞を受賞している。1971年からはウォーターラインシリーズを発売、息の長いロングセラー商品となる。

一方で『鉄腕アトム』、『オバケのQ太郎』、『赤胴鈴之助』などのアニメ、漫画キャラクターや『スペクトルマン』、『快傑ライオン丸』、『イナズマン』などの特撮キャラクターも手がけている。これらは単発で終わったが1974年に『マッハバロン』 で初めて「合体」シリーズを発表すると一躍大ヒット商品となり、当時の関西模型小売商組合連合会から1975年度の、もっとも売れた商品に贈られる賞「プ ロフィット賞」を受賞している。「合体」は同社の十八番となりその後「合体マシンシリーズ」というブランドでアニメ・特撮キャラクターモデルを発売することになる。

1976年からは『トラック野郎』の隆盛に合わせてデコトラシリーズ、スーパーカーブームに合わせてスーパーカーシリーズを発売。スーパーカーはブームが去ると次第に廃れたが、デコトラシリーズはロングセラー商品となった。

1980年から始まったガンプラブームだったが、メインスポンサーのクローバーはガンダム放映中に模型化をアオシマに打診している。これは、「合体」の商標をアオシマが保有していたためだった。しかし、すでに打ち切りが決まっているという話から、次回作のトライダーG7より模型化するという話でまとまり、ガンダムの模型化はバンダイが放送終了後に行なうことになる。実際にトライダーG7は「合体」シリーズで、ダイオージャは「合体」ではないキットでリリースされている。またガンダムに次ぐ富野作品である『伝説巨神イデオン』の商品化を手がけ、1981年秋からは1/600の統一スケールで、全ての重機動メカを模型化している。

1984年にはまだ黎明期だったガレージキット分野に進出。『みゆき』や『キャッツ・アイ』のレジン製キャラクターフィギュアを発売した。その後、専門ブランドとして「アルゴノーツ」を1991年に立ち上げ『ターミネーター』、『ロボコップ』などのソフトビニールフィギュアやレジンキットを手がけた。

1989年に株式会社に改組した。模型業界はガンプラブームの後遺症による冬の時代を迎えておりTVアニメ作品のプラモデル化は行なわれていなかったが、1997年の『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』、1999年の『勇者王ガオガイガー』から徐々に復活し、デコトラや現用車両のスケールモデルと合わせて主力商品となった。

2002年には、同年2月20日に会社解散したイマイ社から発売されていたプラ帆船、キャラクターモデル、エアコッキングガン、BBアクションガンの金型を購入し、自社製品として発売した。なお、一部製品は金型の改良が行なわれている。

2005年からダイキャスト・ミニカーを「DISM」ブランドで発売。これまでモデル化に恵まれなかった1970 - 1980年代の自動車を中心として展開している。特に2006年に発売された「F31レパード」は即日完売し、一時は市価の2 - 3倍の価格で取引されるという爆発的ヒット作品となった。またこれらの金型を生かした劇中車 (『あぶない刑事』など) もプラモデルと同様に発売されている。

2008年には、痛車を再現するためのキャラクターデカールを付属したプラモデルをいち早く商品化、同年に「痛車」を商標登録している。

2010年2月より、香港のドラゴンモデルズの日本代理店となり、同社製プラモデル等の取り扱いを開始した。

注目トピック