ハセガワ

1941年に長谷川勝呂が創業した木製模型メーカーの「長谷川製作所」を前身とする。飛行機・自動車・艦船などのスケールモデル、キャラクターモデルおよび鉄道模型を生産している。「飛行機のハセガワ」として知られている。

静岡県焼津市八楠に本社が所在する。本社の屋上にF-104が、玄関前にT-3が展示されている。

PICK UP!コンテンツ

沿革

1941年に長谷川勝呂が「長谷川製作所」を創業、1945年から木製模型などの木製教材の製造・販売を開始した。

1961年プラモデル分野に参入して初のプラモデル「グライダー」3種類を発売。翌1962年6月に多額の開発費を投入した1/450スケールの「戦艦大和」を発売、同年に約15万個が販売され1億2千万円を売り上げるヒットとなった。続けて1/90スケールでF-104スターファイターを、1/70スケールでP-51ムスタングを発売、こちらも売れ筋商品となり、この成功が木製模型からプラモデルへ本格的に経営の主軸を切り替える分岐点となった。

1965年にスロットカーブームが到来し、その爆発的人気と他社の動向に乗ったハセガワもスロットカー分野に参入したが、加熱しすぎた反動でブームは急速に終焉を迎えた。これ以後安易にブームに乗らず、長く売れる商品作りを目指して安定した人気のある飛行機モデルに着目し、1966年に1/72スケールF4ファントム2を発売した。これが120万個、3億円を売り上げる大ヒットとなったことが「飛行機のハセガワ」の方向性を決めるきっかけとなり、「定番商品」として飛行機プラモデルを主にした開発を続けることになる。

1970年、イギリスのフロッグ社と提携し、フロッグ製品を日本国内にて自社ブランドで販売した (1973年まで) 。同時にハセガワ製飛行機プラモデルもフロッグブランドで欧州で販売された。幅広い飛行機模型・商品化シリーズを多く抱えたメーカー同士のメリットある提携で、ハセガワにとっては飛行機模型シリーズを充実し、「飛行機のハセガワ」のブランドイメージを上げる役割も果たした。

アメリカにおいても、1960年代後半からUPC社やAMT社へのOEMの形で商品を販売していたが、1972年よりミニクラフト社との提携により「ハセガワ」ブランドを前面に出した販売を開始し、海外での「ハセガワ」知名度アップに繋がった。

1980年代、スケールモデル以外のジャンルを模索していたハセガワは、自社デザインによるSF系メカシリーズ「スペースオペレーションシリーズ」を立ち上げ、数点のキットを発売するもののセールスには結びつかず数年で撤退している。またそれと前後してトミーの「レンズマンシリーズ」のプラモデルキットをOEM開発していたことがある。1980年代末期にはミニ四駆ブームに便乗し、「カムコンテック」という自動ステアリング機構を持ったモーターライズキットを開発している。

1990年代に入り、既存金型を流用しながら新規デカールや一部パーツを追加したキャラクターキットの発売を開始。『エリア88』や『戦場まんがシリーズ』などのメジャー作品から、『青空少女隊』や『エアロダンシング』というマイナー作品までをキット化。他にも『ああっ女神さまっ』から「猫実工大震電」、『帰ってきたウルトラマン』の「マットビハイクル」など幅広いジャンルを網羅していた。変わり種としては酒井法子率いる『のりピーレーシングチーム』の「のりピーシビック」をキット化した。これらのキャラクターキットの販売は、主に「アクト (A.Q.T.) ハセガワ」のブランドで行われた。また、香港のドラゴンモデルズとの共同企画として『鉄腕アトム』のキットを商品化したのもこの頃である。

1990年代初頭にTVゲームメーカーのハドソンからの依頼で製作した、1/80スケールの土佐電鉄600形の『桃太郎電鉄』広告塗装のプラモデルを一般発売したところ大反響を呼び、これを鉄道模型として走らせるための動力装置が他社から発売されるなどのブームとなった。これをきっかけとして1/80スケールの鉄道模型 (16番ゲージ) に参入、エンドウの技術提供を受け、同社製品の『コキ104』や『キハ110系』などのボディ製造を担当した。後にNゲージにも参入し、鉄道模型ブランドとしてモデモ (MODEMO) を設立した。

1990年代半ばには『スター・ウォーズ』のフィギュアをプラモデルキット化する企画がホビーショーや雑誌広告で告知されたが商品化は実現しなかった。

2000年9月20日、創業時から長く親しまれていた社名「長谷川製作所」からカタカナ表記の「ハセガワ」に商号・社名を変更した。

2001年以降マクロスシリーズやウルトラマンシリーズなどのアニメ・特撮関連、電脳戦機バーチャロンといったTVゲーム関連のキャラクターモデル商品の開発に参入する。そのきっかけは『超時空要塞マクロス』に登場する可変戦闘機・VF-1バルキリーの商品化で、この人気メカの戦闘機形態がF-14ト ムキャットをモデルとしていたことから、新金型キットを開発しても「飛行機のハセガワ」ブランドのイメージを活かせるとの判断があった。飛行機で培った精 細な技術を注ぎ込んだ結果、今までハセガワの模型を購入したことがないキャラクターモデラーまで取り込んだ大ヒットを収めた。それがキャラクター分野への 本格的参入に繋がり、その後のシリーズでは人型ロボットモデルにも手を広げ、ポリキャップなどキャラクターモデル独特の可動技術で向上を図っている。

2008年、マシーネンクリーガーシリーズへの参入を表明し、第1弾として傭兵軍の反重力装甲戦闘機「ファルケ」を2009年3月に発売した。このような経緯を経て、ハセガワは国内の模型メーカーとしてはスケールモデルとキャラクターモデルの両方を手がける数少ないメーカーとなっている。

2009年にはゲームに登場する「痛戦闘機」、通称「アイマス機」をモデル化するアイドルマスタープロジェクトを開始した。基本は『戦場まんがシリーズ』などと同様既存キットの成形色・デカール変えであるが、新規開発した1/48スケールのF-22を米空軍仕様に先駆けてアイマス機仕様で発売し話題を呼んだ。自社でモデル化していない機体についてはアメリカレベル製の成形品を使用している。

注目トピック