月刊ホビージャパン

月刊ホビージャパン(げっかんホビージャパン 、HobbyJAPAN)は、株式会社ホビージャパンが発行する模型雑誌。1969年12月創刊、毎月25日発売。

PICK UP!コンテンツ

沿革

創刊当初はミニカーの雑誌であった。その後、プラスチックモデルに関しての記事が大半をしめるようになる。当時はミリタリーブームで、戦車模型や航空機、軍艦模型の記事が大半を占めた。1977年末から1985年までは小林源文の劇画が連載され、多くのミリタリーファンの支持を集めた。

しかし、1980年代にはいるとライバル誌の出現、ミリタリー冬の時代に突入したなどの理由で路線を変更。1981年3月(第139)号の特集「GUNDAM WORLD II」が好評によりすぐ売り切れたのをきっかけに、アニメ模型の記事が増大していく。機動戦士ガンダムの模型「ガンプラ」がブームになった時期に別冊「How to build Gundam」を刊行。その後、続刊「How to build Gundam2」などを出しつつ、アニメ系の模型が大半をしめるようになり現在に至る。同誌は事実上ガンダムMSVシリーズの生誕の地であるとともに、1995年にはガンダムのプラモデル「マスターグレード」(MG)シリーズを企画進行させるなど、バンダイとは非常に親密であり、ガンダムの模型商品に関しては最大の広告塔といえるメディアとなっている。

その一方で、一部スタッフが離脱してライバル誌『モデルグラフィックス』『電撃ホビーマガジン』を立ち上げたりもした。

本来趣味を意味する言葉である「hobby」が日本では模型の代名詞として使われることがあるのは、本誌のイメージによるところが大きい。

小林源文

作風

  • 戦争劇画ともいえる作風で、戦争を題材とした作品を描く漫画家。代表作に『黒騎士物語』など。第二次世界大戦を題材とすることが多いが、近代戦や架空戦記的な世界観、あるいは遠未来の戦争や兵士のタイムスリップなどを題材としたミリタリーSF作品も描いている。
  • スクリーントーンは使わず、薄墨による独特のタッチを用いている。
  • その扱う題材から批判されることもあり、朝日新聞社に『ナチス劇画家』と紹介されたことがある[要出典]。
  • 小林源文の全作品における女性キャラクターの割合は非常に低く女性キャラクターはほとんど登場しないか、あるいは登場しても単なるモブであるが、 例外的に主人公の恋人が登場する「装甲擲弾兵」、女性兵士が主人公の作品「士官候補生ハイト」がある。また、近年の「自衛隊特殊部隊オメガ」シリーズでは 佐藤三佐に協力するモンゴルの女性将校が登場するなどこれまでの作品の傾向が多少変化しつつある。
  • 小林源文作品は手塚治虫のとったスター・システムの ように同一キャラが身分を変えて他作品にも登場することで有名。代表的なキャラクターとして佐藤大輔、中村正徳、斉藤三弥がいる。佐藤の現在の基本的な身 分は陸上自衛隊三佐、中村は同三曹、斉藤は統合幕僚長たる陸将。また、佐藤の初登場時の階級は二等陸尉、中村は一等陸士であった。その他、『ハッピータイガー』などの原案を手掛けた戦記作家の梅本弘も「梅本」というキャラクターとして作品中に登場している。
  • 「レイド・オン・トーキョー」ではアシスタントの中村正徳が描いたと思われる美少女イラストが殺伐とした戦闘シーンの合間に数コマ登場し読者を驚かせる。
  • 実在人物や企業の名を、皮肉や風刺の為に躊躇することなく登場させる。
  • 現代日本が戦争に巻き込まれる作品では、首都を占領されたり借金を踏み倒されるなど、大抵が悲劇的な結末を迎える。

小林劇画の台詞

登場人物の台詞にも印象的なものが多く、これも小林作品の特徴とされている。有名なものとして、以下のものがある。

  • 『俺のケツをなめろ!』( Leck mich am Arsch! ) - ゲーテの戯曲「鉄腕ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン」の初稿にある台詞より。主に黒騎士のバウアー中隊長が使う。英語の"Kiss my ass"に相当する言葉。
  • 『魔女のバアさん』シリーズ - バアさんとはロシアの言い伝えに登場する魔女・バーバ・ヤガーのこと。
  • 『ボケ!』 - 各作品で佐藤大輔が中村正徳を鉄拳で殴りつける時に多用される。
  • 『ヒイッ!』 - 中村3等陸曹の刹那の叫び。
  • 『いつか殺してやる』 - 同、中村の佐藤に対する殺意のこもった独り言。しかし佐藤が死ぬシーンがあるのは「ハッピータイガー」のみであり、しかも「ビルマで死んだはず」なのに「東亜総統特務隊」でちゃっかり復活している(実際は時期が前後しているのだが)。野戦憲兵や政治将校に付きまとわれる将兵もこの台詞をよく呟く。
  • 『教育してやる』- いい気になっている敵を戒めるように叩きのめす前の言葉で、ドイツ戦車兵の台詞によく使われる。パウル・カレル著「彼らは来た」におけるミハエル・ヴィットマンとバルタザール・ヴォルの「やつら、もう勝ったつもりでいるようですね」「らしいな、では教育してやるか」が原点。
  • 『ゲルマンスキー!』 - 「Germansky!」: ゲルマン人!( ドイツ人)の事。ロシア赤軍兵士が、ドイツ兵を呼ぶときに使う。実際は、ロシア人は「ファシスト」、「Fliz(フリッツ)」などと呼んでいた様である。
  • 『歓迎委員会』 - 敵の襲撃に対し、本格的に対抗すること。
カードゲーム

なお『俺のケツをなめろ!』は、同タイトルでカードゲーム化された(天下布武かあどげえむ『俺のケツをなめろ! EAST FRONT 1944』)。第二次大戦末期の東部戦線の戦車戦闘を扱ったカードゲームであるが、「俺のケツをなめろ!」や「よし!教育してやる」「情け無用ファイ ヤー」など『黒騎士物語』作中の名台詞がカード化されており、ゲーム上も有効な効果を持つという、ある意味からの小林劇画世界を忠実に表現したゲームで あった。

注目トピック